• ホーム
  • 万が一インフルエンザになったら

万が一インフルエンザになったら

マスクをかける女性

インフルエンザは、仮に予防接種をきちんと受けたとしても発症してしまうことがある病気です。
特に高齢者や免疫力が低下している方は、予防接種によって感染・発症する場合があります。
もしもインフルエンザに感染してしまったら、できるだけ早めに治療を行うことが大切です。
その理由として病院で処方されているインフルエンザ治療薬は、インフルエンザ発症後48時間以内に治療薬を用いることが必要とされているためです。
例えば、有名なインフルエンザ治療薬のタミフルもそのように使用方法が定められており、インフルエンザに感染してしまった際は速やかな対応が望まれるところです。
もちろん発症後48時間を過ぎてしまった後でも治療薬の効果は得られますが、早いほうがより高い効果を得られます。
また、こういったインフルエンザ治療薬は、治療だけに限らず予防にも効果がありますので、ウイルスに感染する前に予防を目的として服用される方も昨今では多くなってきています。
タミフルなどの飲み薬だけに限らず、最近はリレンザという治療薬も処方される機会が増えてまいりました。
この治療薬は粉末タイプとなっていますが専用の吸引器も付属されており、直接のどや気管に粉を吸着させることでウイルスが繁殖しやすい気道で作用しますので、治療と予防の両方に高い効果を発揮してくれます。
インフルエンザ治療薬は、病院でもそれなりのお値段となりますが既にジェネリック医薬品も安価に商品化されていますので、治療費を少しでも節約したいという方にとってはご購入しやすくなっています。
予防用の置き薬として、ご自宅や会社などにご用意されることをお勧め致します。